良い物件を教えてもらうように

不動産業界で使われる隠語

説明を理解するため

ネットで調べても、良い物件はなかなか見つかりません。 やはり豊富な情報を持っている不動産屋に聞いた方が良いです。 その際に業界用語を使われても良いように、勉強しておきましょう。 すると不動産屋の説明を、より理解できます。 希望に一致する物件なのか、見極めましょう。

悪質な不動産屋を見極める

注意して不動産屋の説明を聞かないと、良くない物件を選択することがあります。 おとり広告を使っているという噂を聞いたら、その不動産屋を避けた方が良いでしょう。 また、価格に関する業界用語も把握してください。 何も知らないと、交渉が不利になってしまいます。

事故物件とは何なのか

不動産業界の隠語の中で、事故物件という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。 しかし、意味を詳しく知っていますか。 事故物件とは、事件が起きたことのある物件になります。 安いですが安全とは言えないので、きちんとどんな事件が起こったのか聞いてください。

良い物件を紹介してもらおう

業界ごとに、様々な隠語があります。
もちろん不動産業界にもあるので、物件を探している人は調べておきましょう。
もしかしたら不動産屋が、隠語を使って説明するかもしれません。
よく使われるのは、青田売り、あて物、上物、ADなどです。
初めて聞いた言葉ばかりなので、理解できないものもあるでしょう。
隠語ばかり使って、こちらを混乱させる悪質な不動産屋も見られます、
隠語の意味をしっかり理解して、どんな物件なのか見極めてください。

おとり広告という、隠語もあります。
これは悪質な不動産屋が、よく使うので覚えておきましょう。
指値や出値という隠語は、価格に関することを言います。
価格交渉をする時に、このような隠語が使われるかもしれません。
仲手は、仲介手数料を略した言葉になります。
仲介手数料が発生する不動産を利用した場合は、頻繁に使われるでしょう。
契約が決まった時だけ、仲介手数料を不動産屋に支払います。

事故物件という隠語に注意してください。
それは過去に事件が起こっていたり、幽霊が出たりするなどの悪質な噂がある物件になります。
事故物件は安いところが多いので魅力を感じますが、そのように理由があることを理解しましょう。
気にならない人は、事故物件を選択しても良いですね。
重説は、重要事項説明書の略です
物件を購入する時に、重要事項をきちんと説明しなければいけないと法律で決まっています。
説明を受けて納得できたら、物件を購入してください。