良い物件を教えてもらうように

>

事故物件とは何なのか

注意したい業界用語

物件を決める際は、事故物件という隠語に注意してください。
以前事件が起こっている物件なので、縁起が悪いです。
強盗事件から殺人事件まで、様々な事件が考えられます。
事故物件は縁起が悪いだけでなく、犯人が戻ってくる可能性があるので危険だと言われています。
事故物件は、それだけで他の物件より価格が安くなります。
予算が少ない人は選択しがちですが、リスクをよく考えてください。

それ以外に、心霊現象が起きるから事故物件になっているところもあります。
霊感が全くない人でもその部屋で暮らすとおかしなことが起きるかもしれません。
気軽に選択しない方が良いでしょう。
事故物件だと説明された場合は、具体的に何があったのか、どんなことが起こるのか聞いてください。

重要な説明を聞いて判断

物件を購入する時に、きちんと聞かなければいけない説明があります。
重要事項説明書という名前ですが、重説と略されることが多いです。
これも隠語なので、覚えておきましょう。
不動産屋が重説を伝えると行ったら、かなり重要なポイントなので真剣に聞いてください。
物件に関する知識を持っていない人は、わからないことが多いかもしれません。

ここでわかったフリをすると、悪質な物件を買わされる危険性があります。
わからないことは、きちんと質問してください。
すると内容をさらに噛み砕いて説明してくれます、それでも理解できなかったら、その不動産屋と相性が悪いので別の不動産屋を利用することをおすすめします。
相性の良し悪しも重要だと覚えておきましょう。


この記事をシェアする